2007年05月20日

ラブホテル事業が高配当を実現する理由

ラブホテル事業が高配当を実現する理由

@低い競争率
A高い運用利回り
B高い投資利回り
Cリニューアル効果
DCF予測の容易性
E利益の安定・継続性


■HOPEα8に500万円投資をした場合
運用期間は5年間、分配半年毎に支払う。配当利回りは
投資家の出資額に対して8.4%を優先配当とする。

これはあくまで予想だが、5年間の総配当額
282万円

予想ではあるが、これまでのHOPEの実績から考えて
この予想を大きく下回ることは考えにくい。
posted by HOPE at 19:14| Comment(39) | TrackBack(13) | 個人投資家応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

HOPEシリーズこれまでの実績

個人投資家応援

[HOPEシリーズこれまでの実績]
HOPEα3 8.4%〜12% 完売
HOPEα4 8.4%〜12% 完売
HOPEα5 8.4%〜12% 完売
HOPEα6 8.4%〜12% 完売
HOPEα7 8.4%〜12% 完売
HOPEα10 8.4%〜12% 販売中

現在HOPEα10受付中
申し込み単位は50万円
募集優先出資予定総口数20億円
目標利回り年8.4%〜12%
運用期間5年間
申込期間平成19年3月16日〜6月4日

無料セミナーも開催中!!!
http://www.hotel-fund.com

個人投資家集え!!!
posted by HOPE at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人投資家応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人投資家応援HOPEシリーズ

個人投資家応援HOPEシリーズ

近年優良な事業を証券化して販売する、事業証券化ファンドが
注目を浴びている。なかでも、ラブホテル事業は「収益性」、
「継続性」、「安定性」に優れていて、多くの企業化や
外資系ファンドが投資対象として買収を始めている。
そんななか、唯一、個人投資家に門戸を広げているのが
グローバル・ファイナンシャル・サポート(GFS)が販売する


ラブホテルファンド「HOPEシリーズ


一口50万円から誰でも参加でき、これまですべて年間配当利回り
8.4%を実現。販売開始から2年半で運用総額約100億円、出資者数
4600人になる。
posted by HOPE at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人投資家応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。